検索
  • halau-o-kealani

謙虚さとは・・

最終更新: 6月9日


こんにちは!

あっという間に春が過ぎ去りもうすぐ梅雨入り。コロナウイルスも落ち着いてきましたね。でもさらに気持ちを引き締めて感染予防に努めて行きたいと思います。


久しぶりのブログです。


最近考えさせられる出来事があったこともあり、また、講演会やトークライブショーが

キャンセルになってしまったのでハラウホームページでブログ書いてみようかなと

PCに向かっております。



 私のハラウで1番大切にしていることが「謙虚心」です。

美しいフラを作るためにも必須なものです。

講演会やトークショーでもほとんど毎回お話させて頂いてるテーマでもあります。 「謙虚心が大切」とか、「謙虚になりましょう」とか簡単にいいますが、実際どのようなことなのかわからないという方もたくさんいます。

そして、「先生のいう謙虚さとはどのようなことですか」と聞かれることが多数あります。文章で説明するのが少し難しいのですか、記してみたいと思います。


ハワイ文化を学ぶ上で大切にしなくてはいけないことがいくつかあります。 「思いやり」「協調性」「喜び」「忍耐」そして「謙虚心」です。 これらは全て大切なことなのですが、私は1番欠けてはならないのが謙虚心なのだと思っています。この謙虚心がなければ、思いやりも協調性も生まれません。

私のハラウのダンサーにはこの謙虚心を持つ大切さを日々のレッスンや会話の中で伝えていきます。 チームで動くこと、またチームで物を築くことが多い世界にいますので、

あくまでもその中での私の思う謙虚心という事になりますが… 「謙虚」ということを静かにいること…とか、自分より人のことを優先できること…とか、ちょっとだけ違った感じでとらえてるひとがたくさんいます。

それも決して間違えではないのですが、自分の心に嘘をついた状態で相手と向き合うことが謙虚な心ではありません。 謙虚心とは、自分自身の弱いところを素直に認め、他の人の強みを素直に認めて受け入れ、自分の欲よりチームの目標に集中できる心だと思っています。 謙虚心の反対には、傲慢や高慢という言葉がありますが、謙虚心のない人は自分の意見が絶対に正しいと考えているため、他の人の意見やアドバイスやアイデアなどはあまり受け入れません。とても周りが不快になります。

ただ、残念なことに、このような人は自分が周囲に不快感を与えていることに気付いてない場合が多いです。また、謙虚さにかける人が得意としていることがあります。

それは人を批判することです。批判すること事態は問題でなくても、このような人が行う批判は相手のイメージを落とす意があります。不快さがあるので、その人の周りには人も集まりに難いです。真心をうける事にも慣れていません。


私のハラウではこの不快さが起きないように、徹底していきます。 「では、どのように謙虚心を育てていくのですか?」ということを聞かれるのでそれもついでに記しておきます。あくまでも私流ですが、「学ぶこと」そして「努力」です。

学ぶことで知識が増えると、自分には知らないことやできないことがまだたくさんあるということを認めざるを得なくなります。そして、自然とさまざまな角度から物事を見たり、

他の人の意見やアドバイスに耳を傾けたくなるので、人として厚みが増し成長すると思ってます。謙虚さに欠ける人は、このような探求に欠け、学ぶことをしない人ともいえます。

ただ、なぜか学んでいるという姿が人からよく映ることは知っているので、学んでいる風の事を演じてみたりします。いずれにしても、謙虚でない人は、自分の狭い考えに固執しているので、成長もしないし、世界も広がりません。

謙虚心を育てることで人として成長し魅力が増すので美しくなります。

フラも当然美しくなります。

私自身もいいダンサーでいたいし、いいダンサーを育てていきたいから、

クムのもと学び続けるのです。 フラもハワイアンミュージックもハワイ文化です。

技術だけではだめであり、謙虚な美しい心と謙虚な強い心が絶対に必要である。

というのが私のブレない信念です。

3カ月の自粛期間にもダンサーに学びを与えてあげたいと強く思い、沢山のオンライン講座を行いましたし、私自身もクムからオンラインでたくさんの学びを受けました。 どんな状況でも前進していく。心を磨き続ける。それがケアラニです。

さぁ、6月からスタジオ再開です!

フラ、ミュージック、たくさん学び楽しみましょう。




ハーラウ オ ケアラニ

南 由希子



54回の閲覧

最新記事

すべて表示

南ブログ (私の想い)

「努力できることに感謝」 ハワイアンカルチャーサロンが始まるので、サロン室を作るにあたり不要なものを処分していたところ、昨年読んだ雑誌が出てきました。そこに付箋があり、開いてみると…私がとても感動した記事がありました。 2019年4月12日に行われた東京大学の入学式で祝辞を贈った、社会学者の上野千鶴子さんの言葉です。 上野千鶴子さんは、熾烈な競争を勝ち抜いて入学してきた新入生に対して、このような言

 

08035928812

  • Facebook
  • Instagram

©2019 by Halau 'O Kealani。Wix.com で作成されました。

This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now