検索
  • halau-o-kealani

フラ オニエ 日本大会2018ご報告


フラオニエ日本大会2018ご報告


今年のゴールデンウィークは大都会六本木で過ごしました。この日のためにいらしたハワイのクムフラ クヒ、クプナ11名、ワヒネ18名、カイカマヒネ1名、そしてたくさんのコクアやご家族、ハラウ応援メンバーたち、ハラウをサポートしてくださるミュージシャンでステキな時間を頂きに行ってまいりました。

フラオニエのためにクムと選んだメレたちを、それぞれのチームが5ヶ月間大切に温めて来ました。 クムから伝わるフラを責任持って心を込めて踊る事、この曲たちを描いた音楽家の心を私たちが表現させて頂く事、仲間と認め合いながら、歩み寄りながら、ひとつの作り上げていく事を楽しみながら、全身全霊をこめて大切に過ごした5ヶ月間でした。

どのカテゴリーも本当に素晴らしかったです。 それぞれのたった7分間のステージのために、どんなにたくさんの愛をいただいた事でしょうか。 クムが準備してくださった、コンペティションまでの道を仲間と共に手を取り合いながら歩いたその時間が、愛に満ちてるからこそ、本番はこころから感動し涙が流れます。 私とクムはそれを見ているのがとても幸せです。 ダンサーのみんなを誇りに思います。 素晴らしい音楽を作り上げてくださった、ミュージシャンの真木隆寿さん、吉野麻衣子さん、牛島敬太さん、ありがとうございました。 素敵なお花、レイを作ってくださったしのぶさん、ありがとうございました。 そして、この大会にご理解とご協力をくださったダンサーご家族の皆さん、スーパーコクアたち、心より感謝します。 この大会で得た経験をまた次に向けて生かして行きたいと思います。 応援ありがとうございました。


・カイカマヒネソロ部門 大塚弓寧 出場

クプナグループアウアナ部門 出場

ワヒネソロ部門 大竹理美 準優勝

ワヒネグループカヒコ部門 優勝

・ワヒネグループアウアナ部門 準優勝


2回の閲覧

最新記事

すべて表示

南ブログ (私の想い)

「努力できることに感謝」 ハワイアンカルチャーサロンが始まるので、サロン室を作るにあたり不要なものを処分していたところ、昨年読んだ雑誌が出てきました。そこに付箋があり、開いてみると…私がとても感動した記事がありました。 2019年4月12日に行われた東京大学の入学式で祝辞を贈った、社会学者の上野千鶴子さんの言葉です。 上野千鶴子さんは、熾烈な競争を勝ち抜いて入学してきた新入生に対して、このような言

 

08035928812

  • Facebook
  • Instagram

©2019 by Halau 'O Kealani。Wix.com で作成されました。

This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now